スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士の一虚一実

どうも、技能の修正により書くネタができたじゃむです。
ありがとう光栄!もっと強化しろ!至りくれ!

ということでタイトル通り一虚一実の検証記事です。
まずどういう修正がきたのかと言うと、
生命回復量が気合ダメの1/3→気合ダメ分(ただし上限は最大生命力の20%)
滅却なかったら滅却はるようになった。(ただし改ではない)
です。

どうやら、色んな方が効果の勘違いをしているようです。
寄合を見ても特徴には間違った情報が書いてあったので、こっそり修正しておきました。

もう消しましたが、寄合では
「生命を回復するための技能ではなく受けるはずだった数千の気合被害を0にした上おまけで生命を回復する効果と考えればよい。」
「物理生命被害が気合被害に変換される心頭滅却系の結界を張っていた場合、さらにその気合被害を生命力変換には適用できない?(二段変換は不可能?)」
「一刀流や阿修羅槍など生命被害と物理被害が同時についている行動の場合、気合被害が生命力回復になり、通常の生命被害の部分と差し引きで物理被害が算出される。
この際心頭滅却系の結界を張っていた場合、二段変換ができないため気合被害の部分で生命が回復し生命被害の部分がそのまま気合被害に流れる。」
とありました。

1文目の間違い
気合被害は0になりません。
あくまで気合被害分、生命を回復する技能です。

2文目の間違い
物理に限りません。行雲流水があれば術でも回復できます。
滅却の気合被害を生命力回復にできます。

3文目の間違い
二段変換ができないため→二段変換できます
阿修羅の場合は気合ダメ分+滅却で変換されて受けたダメ分回復します。

実は二段変換できるのです。
仮に、被生命ダメを3000、滅却の軽減率を2/3としましょう。
処理の流れがどうなっているのかというと、

生命ダメ3000を受ける予定

滅却により気合ダメ1000に変換される

気合が1000減る

一虚一実により生命が1000回復する

です。
社員ではないので間違いないとは言い切れませんが、こうなっているはずです。
なので、生命回復するからといって気合ダメが軽減されることはありえません。
気合ダメは100%そのままくらいます。

ちなみに一刀流の場合も同様ですが、書いておきましょう。
被生命ダメ3000、被気合ダメ1000、滅却の軽減率を2/3としましょう。

生命ダメ3000+気合1000を受ける予定

滅却により気合ダメ1000+1000=2000に変換される

気合が2000減る

一虚一実により生命が2000回復する

です。
まぁややこしいから勘違いしやすいですが、こうなります。

まぁ効果時間が1分なので、実装することはないでしょう…w
効果時間がめっちゃ長くなって半自動になってようやく実装されるんではないでしょうか。
それよりも至りくれ(切実

思ったよりも長文になりましたねw
では、またね。
スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望Online~覚醒の章~
ジャンル : オンラインゲーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
閲覧者数
現在の閲覧者数:
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。